沖縄移住は最悪だった。仕事、人間関係で失敗し後悔しないためにメリット・デメリットを知ろう

最悪な沖縄移住だったと思わないために、失敗しないためのポイントをまとめます。

沖縄移住で後悔する人の特徴

 

 

沖縄移住で失敗しないためには、実際に移住した人の意見を聞くのが一番です。
また、移住した人の中で成功した人、失敗した人の意見を聞いたり、調べてみることです。

 

沖縄移住で後悔した人の特徴をまずは調べましょう。インターネットで出てきます。ここでは私が移住する際に調べたことを書きます。

 

沖縄移住で最悪な気分になる人は、まず調べていません。何もしらべすなんくるないさーの精神で移住してしまっています。

 

失敗するのは、まず仕事です。給料は安いですし、まともな仕事は少ないです。正社員の仕事は少ないので、まずは、先に仕事を見つけるのが良いでしょう。給料は期待できないので何か副業などをするか、お金をかけずに生活する知恵を身につけましょう。

 

そして、人間関係も本土とは違います。沖縄の現地の人をウチナーンチュ、本土の人をナイチャーと呼びます。ナイチャーは馬鹿にした言葉といいますが、そこまでひどいものではありません。差別というより区別です。

 

沖縄は、戦争で我慢させられてきた歴史があるので、本土を別のものと思っています。被害者意識もありますし、助け合いのゆいまーるの精神もあります。なので、モアイという助け合いの集まりもあります。

 

べつにこれらに参加する必要はありませんが、こういった文化をしらずに移住すると、本当に後悔、最悪な気分で沖縄で過ごすことになります。

 

 

 

 

 

沖縄移住した際におすすめの観光スポット

 

 

豊崎海浜公園

豊崎海浜公園は、那覇空港から車で15分程のところにある、遊泳出来るビーチもある公園です。

 

 

海は、これぞ沖縄というような透き通った水色!透明感抜群です!
那覇空港から車で15分程と、近いので、沖縄に着いてすぐ行けます!
沖縄に着いて一番最初に、はしゃぎたくなるスポットです。

 

 

北浜と南浜があり、北浜は、遊泳可能です。
4?10月の期間は、遊泳できます。ただ、8月は日差しが強すぎて日焼けでなくヤケドになるので、現地の人は海に入りませんので避けた方が無難です。

 

 

遊泳可能エリアは、海ヘビなどの防護ネットがあり、遊泳エリアに入って来れないようになっています。この辺りが沖縄の海の特徴ですね。

 

 

豊崎海浜公園のオススメは、ビーチを見ながら座ってランチなどができる所です。屋根付きでイス、テーブルが設置されています。

 

 

近くに、ショッピングモールなどもあるのでそこでランチを持ち帰りにして、豊崎海浜公園で海を見ながら食べる!

 

 

かなり贅沢なランチです。

 

 

沖縄に来たら、初日にレンタカーを借りて、来たい場所です。
空港からも近いですし、レンタカーの店舗もすぐそばです。

 

 

 

沖縄の海は、綺麗なのですが、その分様々な海の生物もいるため、遊泳出来るエリアは限られています。遊泳禁止エリアは、本州の海でもたくさんありますが、理由は、波が高いとか、離岸流がキツく、沖に流されてしまうとかです。なので、サーファーはもちろん、海水浴客も本州では平気で遊泳禁止エリアで海に入っています。
沖縄の遊泳禁止エリアの海は、入らない方が良いです。足だけ浸かるくらいなら平気ですが、水着に着替えての遊泳は、海ヘビやハブ、危険なクラゲ、イソギンチャクなどもいるので、病院送りになります。

 

 

 

沖縄県立博物館

沖縄の那覇中心地からゆいれーるで北上し、那覇の新都心であるおもろまち駅で下車し、西へ向かったところに沖縄県立博物館があります。
この博物館はまだ新しい建物で、全体が白を基調とした色使いで、沖縄のグスクを連想させる建物となっています。広々としている空間には、他では見られない不思議なものが展示されていますので、一度見ていきたいスポットになります。

 

 

施設に入ると中庭に沖縄の昔ながらの民家の復元された姿があります。沖縄の那覇空港へ飛行機でやってきてから、見るのは近代的な風景が多くなっているのですが、本来の沖縄はこんな原風景だろうと思わせる展示です。

 

 

博物館の内部へ入ると、非常に高い天井で開放的な施設となっていることがわかりますが、床面はガラス張りになっていて、中では沖縄の美しい海底の様子を再現しているようです。ここで入場チケットを購入して、いよいよ沖縄の不思議を知る見学の始まりです。

 

 

沖縄の歴史と民俗と自然をテーマに、さまざまな角度から沖縄を研究する展示が続きます。沖縄独特なグスクの地形を再現した模型や港川人の骨格など、興味深いものがいろいろ展示されています。

 

 

最も注目なのは沖縄の各地で出土している線刻石版(沖縄のロゼッタストーン)でしょう。石版には建物や動物、それに文字らしきものがびっしりと刻まれているのですが、現在のところどんな意味を持っているのかは全く不明です。沖縄県内では同様の石版が13点がみつかっているとのことで、琉球王朝以前のなんらかの情報が刻まれているものと考えられます。

 

 

沖縄の古代からの歴史についてはなかなか知る機会がないでしょう。沖縄県立博物館の展示を見ることによって得られる知識は、他では得難いものがあります。